ヘッダー

オレンジシャンプーの解析・評価


オレンジシャンプーの評価

総合評価:2.13

頭皮への影響:2

髪への影響:2.5

安全性:2

コストパフォーマンス:2

分析日:2011年4月28日

総合評価:2.13

販売ページでは「リンス不要、合成香料・合成色素・鉱物油・パラベン無添加」と表記されているが、水の次に濃度の高い成分がBG(ブチレングリコール)であり、この石油由来の化学物質によって髪の保湿性を出しているのではないかと思われる。鉱物油不使用とあるが、(必ずしも鉱物油=シリコンとはいえないが)シリコンが配合されている。パラベン不要とあるが、パラベンもフェノキシエタノールもともに防腐剤であり、パラベンが入ってないからといって安全性が高いという認識は消費者に誤解を与える表現である。

頭皮への影響:2

メインの界面活性剤であるオレフィン(C14‐16)スルホン酸Naは脱脂力が強いため、この商品のターゲット顧客である女性にはあまり適していないと考えられる。また、上記にもあるとおりBGが界面活性剤よりも濃度が高く、このような商品は他にない。BGは石油由来の化学物質であり、この成分が高濃度で配合されていることで、頭皮に安全性が高いとは言えない。

髪への影響:2.5

シリコンが配合されている。高濃度のBGで髪に潤いを与えていると推測される。

安全性:2

上記のとおり安全性が高いとは言えない。

コストパフォーマンス:2

植物エキスがある程度配合されているものの、コストパフォーマンスは高いとは言えない。

オレンジシャンプーの成分分析

主要分析項目

シャンプー名称 オレンジシャンプー
販売元 エスコス
容量・料金(税抜) 100ml:1,000円 (100円/10ml)
720ml:4,320円 (60.0円/10ml)
700ml(詰め替え):4,200円 (60.0円/10ml)
分類 化粧品
界面活性剤 コカミドDEA、オレフィン(C14‐16)スルホン酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、ジラウレス‐10リン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウリミノジプロピオン酸Na
シリコン・ポリマー フェニルトリメチコン
防腐剤 トコフェロール、フェノキシエタノール
香り
その他特長的な成分 オレンジ油
多くの植物エキス

*の付いている料金はオープン価格のため、大手通販サイトの料金を掲載しています。

全成分

販売開始:−

水、BG、コカミドDEA、オレフィン(C14‐16)スルホン酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、グリセリン、ジラウレス‐10リン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウリミノジプロピオン酸Na、オレンジ油、ヒバマタエキス、ホホバ油、オランダカラシエキス、パンテノール、ローズマリーエキス、イチョウ葉エキス、ローマカミツレ花エキス、オタネニンジン根エキス、スクワラン、ゴボウ根エキス、アロエフェロックス葉エキス、アルニカ花エキス、セイヨウキヅタエキス、ニンニクエキス、ステアラミドエチルジエチルアミン、クエン酸、トコフェロール、ポリクオタニウム‐10、オドリコソウ花エキス、ツバキ油、サザンカ油、ダイズ油、セイヨウアカマツ球果エキス、エタノール、フェニルトリメチコン、フェノキシエタノール


≫シャンプー格付け(分析)一覧に戻る

 

一般社団法人日本シャンプー分析協会がシャンプーを評価するために得た情報は、 日本シャンプー分析協会が信頼できると判断した情報に基づいております。 日本シャンプー分析協会はその正確性または完全性に関して何ら表明を致しません。 本サイトに掲載されたシャンプーの評価は、日本シャンプー分析協会の現時点の意見であり、 シャンプーの購入等を推奨するものではありません。 この意見は予告なしに変更される場合があります。 本サイトにより、シャンプー購入者、製造メーカー、販売業者、及び、その他いかなる者が、 損害を被ったとしても(逸失利益を含みます。)、 日本シャンプー分析協会は一切の責任を負いません。