ヘッダー

ラックス(スーパーリッチシャイン)の解析・評価


ラックス(スーパーリッチシャイン)の評価

総合評価:1.5

頭皮への影響:1

髪への影響:2

安全性:1

コストパフォーマンス:2

分析日:2011年3月10日

総合評価:1.5

メインの界面活性剤であるラウレス硫酸Naは、一般的な市販シャンプーによく用いられ、石油由来で脱脂力が強い。それに続く界面活性剤のコカミドプロピルベタインは比較的マイルドだが、その後のドデシルベンゼンスルホン酸TEAなども刺激が強い界面活性剤である。

頭皮への影響:1

メインの界面活性剤であるラウレス硫酸Naは、一般的な市販シャンプーによく用いられ、石油由来で脱脂力が強い。それに続く界面活性剤のコカミドプロピルベタインは比較的マイルドだが、その後のドデシルベンゼンスルホン酸TEAなども刺激が強い界面活性剤である。

髪への影響:2

シリコン配合で表示順が前の方であるため、比較的多い量が配合されていると推測される。

安全性:1

大部分の界面活性剤が石油由来であること、防腐剤のメチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液は体内からの代謝が悪い物質であることから、安全性を低く評価した。

コストパフォーマンス:2

料金は安いものの、この内容のシャンプーであれば、コストパフォーマンスが高いとは言いがたい。

ラックス(スーパーリッチシャイン)の成分分析

主要分析項目

シャンプー名称 ラックス(スーパーリッチシャイン)
販売元 ユニリーバ
容量・料金(税抜) 200ml:400円*(20.0円/10ml)
500ml:880円*(17.6円/10ml)
380ml(詰め替え):--円* (--円/10ml)
分類 化粧品
界面活性剤 ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、PPG-7、ドデシルベンゼンスルホン酸TEA、ラウレス-23
シリコン・ポリマー ジメチコノール
防腐剤 安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、メチルパラベン
香り 香料
その他特長的な成分 加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

*の付いている料金はオープン価格のため、大手通販サイトの料金を掲載しています。

全成分

販売開始:2010年9月

水、ラウレス硫酸Na、ジステアリン酸グリコール、コカミドプロピルベタイン、ジメチコノール、塩化Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、アルギニン、トレハロース、グルコノラクトン、炭酸アンモニウム、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、PPG-7、クエン酸、カルボマー、ドデシルベンゼンスルホン酸TEA、ラウレス-23、EDTA-2Na、TEA、安息香酸Na、水酸化Na、硝酸Mg、メチルイソチアゾリノン、メチルパラベン、香料、カラメル


≫シャンプー格付け(分析)一覧に戻る

 

一般社団法人日本シャンプー分析協会がシャンプーを評価するために得た情報は、 日本シャンプー分析協会が信頼できると判断した情報に基づいております。 日本シャンプー分析協会はその正確性または完全性に関して何ら表明を致しません。 本サイトに掲載されたシャンプーの評価は、日本シャンプー分析協会の現時点の意見であり、 シャンプーの購入等を推奨するものではありません。 この意見は予告なしに変更される場合があります。 本サイトにより、シャンプー購入者、製造メーカー、販売業者、及び、その他いかなる者が、 損害を被ったとしても(逸失利益を含みます。)、 日本シャンプー分析協会は一切の責任を負いません。