ヘッダー

キュレルシャンプーの解析・評価


キュレルシャンプーの評価

総合評価:2.63

頭皮への影響:2.5

髪への影響:2

安全性:3

コストパフォーマンス:3

分析日:2011年3月11日

総合評価:2.63

花王の低刺激化粧品ブランド「キュレル」のシャンプーである。全体的には刺激の少ない界面活性剤を取り入れているが、1種類石油由来のラウレス硫酸Naが入っているのが残念である。

頭皮への影響:2.5

メインの界面活性剤はラウリルヒドロキシスルホベタイン液と推測されるが、石油由来のラウレス硫酸Naもある程度含まれていることが、低刺激をイメージさせるブランドと乖離していることが残念である。

髪への影響:2

シリコンが配合されている。それ以外は特に髪に良い成分が含まれているとは言えない。

安全性:3

界面活性剤は全体的には刺激の少ないものを取り入れているが、1種類石油由来のラウレス硫酸Naが入っているのが残念である。

コストパフォーマンス:3

医薬部外品のシャンプーとしては若干コストパフォーマンスは良いが、医薬部外品の有効成分以外に特に目立った成分がない。

キュレルシャンプーの成分分析

主要分析項目

シャンプー名称 キュレルシャンプー
販売元 花王
容量・料金(税抜) 200ml:545円*(27.3円/10ml)
440ml:1,300円*(29.5円/10ml)
360ml(詰め替え):904円*(25.1円/10ml)
分類 医薬部外品
効果・効能 フケ・カユミ防止
界面活性剤 ラウレス硫酸Na、アルキルグリコシド、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na
シリコン・ポリマー POE・POPジメチコン共重合体
防腐剤 安息香酸塩
香り
その他特長的な成分 特になし

*の付いている料金はオープン価格のため、大手通販サイトの料金を掲載しています。

有効成分

販売開始:−

グリチルリチン酸2K

その他成分

精製水、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、ラウレス硫酸Na、アルキルグリコシド、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、POE(16)ラウリルエーテル、ヤシ油脂肪酸エタノールアミド、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、POE・POPジメチコン共重合体、PPG、エタノール、水酸化ナトリウム液、水酸化ナトリウム、水酸化カリウム液(A)、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、オレンジ油、ユーカリ油、エデト酸塩、安息香酸塩

医薬部外品は全成分表示義務がないため、表示されている成分のみです。


≫シャンプー格付け(分析)一覧に戻る

 

一般社団法人日本シャンプー分析協会がシャンプーを評価するために得た情報は、 日本シャンプー分析協会が信頼できると判断した情報に基づいております。 日本シャンプー分析協会はその正確性または完全性に関して何ら表明を致しません。 本サイトに掲載されたシャンプーの評価は、日本シャンプー分析協会の現時点の意見であり、 シャンプーの購入等を推奨するものではありません。 この意見は予告なしに変更される場合があります。 本サイトにより、シャンプー購入者、製造メーカー、販売業者、及び、その他いかなる者が、 損害を被ったとしても(逸失利益を含みます。)、 日本シャンプー分析協会は一切の責任を負いません。